HOME【白金周辺の動物病院】犬のアレルギー性皮膚炎の症状・原因・治療法 日曜日予約可
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 総合診療科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 がん腫瘍科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 整形外科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 脳神経外科・椎間板ヘルニア
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 消化器科・内視鏡検査
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 循環器科・心臓病科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 皮膚科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 歯科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 痛み外来
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 予防医療
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 健康診断
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 高度画像診断・CT/MRI
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 小動物診療科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 東洋医学・漢方治療
芝浦動物医療センター 芝浦海岸動物病院
新橋&浜松町動物医療センター 芝公園動物病院
目黒動物医療センター  目黒動物病院
品川動物医療センター  大崎動物病院

【白金周辺の動物病院】犬のアレルギー性皮膚炎の症状・原因・治療法 日曜日予約可

白金周辺では、室内で愛犬を飼っている方も多いと思います。室内で犬を飼っていると体調の変化に気付きやすくなりますが、近年特に受診数が増えている疾患が、アレルギー性皮膚炎です。人間と同様、犬にも数種類のアレルギー性皮膚炎があり、それぞれ適切な治療を施す必要があります。

愛犬の健康をベストな状態に保ってあげたいとお考えの方のために、犬のアレルギー性皮膚炎の症状や原因、予防・対処法について解説いたします。白金付近の動物病院で受診する前に参考にしてみてください。湾岸動物医療センターなら日曜日もご予約可能です。

犬のアレルギー性皮膚炎の症状

横たわるバセットハウンド

犬のアレルギー性皮膚炎で診療を受ける場合、まずは愛犬にどんな症状が出ているか確認しましょう。もっともわかりやすい症状は痒みです。特に耳や脇、口や目の周りに発症し、症状が進んでいくと皮膚が赤みを帯びたり、毛が抜けてしまいます。

愛犬が体を掻いていたり、頻繁に体を舐めたり噛んだりしている場合には、アレルギー性皮膚炎の可能性があります。早めに動物病院で診療しましょう。

もし、食べ物によってアレルギー性皮膚炎を起こしているのであれば、体の痒みに加えて下痢をするなど消化器官に不調をきたします。加えて外耳炎が起こることもあるので、愛犬に普段と違ったところはないか日々チェックしてあげましょう。

白金周辺の動物病院・湾岸動物医療センターでは、食餌アレルギー性皮膚炎や植物アレルギー性皮膚炎など、さまざまなアレルギー性皮膚炎の治療に対応しています。ペットに痒みや脱毛の症状が出ている方は、一度ご相談ください。月~土曜日は完全予約制、日曜日も受付順で診察を行っていますので、ご不明な点はお問い合わせください。

犬のアレルギー性皮膚炎の原因

犬の主なアレルギー性皮膚炎は、吸引性・食事性・接触性・ノミと4種類あり、それぞれ原因が異なります。

吸引性アレルギーは人間と同様、ホコリやカビ、花粉、ハウスダストなどを吸引することで発症します。食事性アレルギーはアレルゲンとなる食品によって発症するものです。主にたんぱく質が原因になることが多く、小麦や大豆、牛肉などの肉類、牛乳などが代表的なものです。

接触性アレルギーはアレルゲンに愛犬が触れることで症状が出てきます。ノミアレルギーはノミが愛犬に寄生するときに、ノミの唾液に含まれているたんぱく質によって痒みなどの症状が出てきます。

こうしたアレルギー性皮膚炎は遺伝的な要素も関係しますが、どんなことがきっかけとなってアレルギー性皮膚炎になるのかは、詳しく解明されていません。
アレルギー性皮膚炎を発症しやすい犬種もいるので、愛犬の体調には細心の注意を払ってあげましょう。

湾岸動物医療センターでは、白金付近の方が飼っているペットの異変に対応できる環境が整っています。日曜日も診療を行っているため、急病の際も安心してご来院いただけます。木曜日は休診、日曜日以外は完全予約制ですが当日予約・急患の対応が可能です。

犬のアレルギー性皮膚炎の治療法・予防法

ペット用の四角い薬

犬のアレルギー性皮膚炎の治療として、動物病院で行われているのは「痒みのコントロール」です。痒みを抑えるための治療薬の例としては抗ヒスタミン剤、副腎皮質ホルモン剤、免疫抑制剤などがあげられます。動物病院ではアレルギー性皮膚炎の原因や重症度によって適切な治療薬を判断しています。

さらに、アレルゲンを食べたり接触したりしないよう、日常生活の対策について指導してくれるケースもあります。アレルギー性皮膚炎で気になることがあれば、愛犬のためにも獣医師に相談して、不安を解消しましょう。

予防法はこまめな掃除と食事によるアレルゲン制限など

ペットがアレルギー性皮膚炎になってしまった場合、飼い主様ができる予防法もあります。ノミや吸引性アレルギーになっている場合には、定期的に部屋を掃除してハウスダストやノミが発生しないようにしてあげるとよいでしょう。

定期的なブラッシングやシャンプー選びも、アレルギー性皮膚炎から愛犬を守る方法として効果的です。食物アレルギーを発症しているのであれば、アレルゲンを含まない食事を与えることで予防することが可能です。

白金周辺の動物病院をお探しの方は日曜日も予約可能な湾岸動物医療センターへ

愛犬が頻繁に体を掻く仕草をしていたら、アレルギー性皮膚炎の可能性があります。悪化しないよう早めに動物病院で受診することをおすすめいたします。そして、日常生活の中で飼い主様がご自宅でできる予防法を講じることも重要なポイントです。

湾岸動物医療センターでは、飼い主様とともに愛犬のアレルギー性皮膚炎の症状を改善できるよう最大限の治療を行います。白金付近で愛犬に異変を感じた方は、一度湾岸動物医療センターへご相談ください。

白金の動物病院にアレルギー性皮膚炎のご相談なら湾岸動物医療センター

院名 港区湾岸動物医療センター(芝浦港南動物病院)
住所 〒108-0075 東京都港区港南4丁目2−6 シティタワー品川1F
TEL 03-5460-2010
診療対象動物 犬・猫・小動物(ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・その他の小動物)
診療時間 午前9:00~12:00 / 午後15:00~19:00
休診日
木曜日
休診日の木曜日は系列病院である芝浦海岸動物病院にて診察が可能ですのでご連絡下さい。
患者様ご来院エリア 港区 芝浦 港南 台場 高輪 品川区 北品川
アクセス 港区の芝浦港南エリアにあり、JR品川駅から徒歩10分です
URL https://www.wangan-amc.com/