HOME港区の動物病院が教える 犬のノミやダニの原因・病院での予防がおすすめ 当日予約可
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 総合診療科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 がん腫瘍科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 整形外科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 脳神経外科・椎間板ヘルニア
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 消化器科・内視鏡検査
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 循環器科・心臓病科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 皮膚科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 歯科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 痛み外来
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 予防医療
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 健康診断
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 高度画像診断・CT/MRI
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 小動物診療科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 東洋医学・漢方治療
芝浦動物医療センター 芝浦海岸動物病院
新橋&浜松町動物医療センター 芝公園動物病院
目黒動物医療センター  目黒動物病院
品川動物医療センター  大崎動物病院

港区の動物病院が教える 犬のノミやダニの原因・病院での予防がおすすめ 当日予約可

港区周辺で愛犬のノミやダニでお悩みの方は、動物病院・湾岸動物医療センターへご相談ください。当日予約や直接のご来院でも診療を行っています。ノミやダニは小さくて見えませんが、毎日の散歩コースにある草むらや茂み、家の中のカーペットやベッドなど、いたるところに隠れています。

犬が体を痒がったり噛んだりしている場合、ノミ・ダニに寄生されている可能性があります。放置するとさまざまな疾患の原因となり、私たち人間にまで被害が出てしまうことも。こちらではノミ・ダニが犬に付いてしまう原因やそれによって引き起こされる疾患を解説し、おすすめの予防方法についても掘り下げていきます。

犬のノミやダニの特徴とは?

原っぱで体を掻く犬

犬がノミ・ダニに寄生されると、痒みが発生し、体を掻いたり噛んだりするという症状があらわれます。ノミ・ダニは散歩中の草むらやほかの犬との接触でうつることが多く、ほとんどの犬がノミ・ダニに寄生されるリスクと隣り合わせで生活しています。

犬に寄生するノミの特徴

ノミはとても小さく、1.5~3mmほどのサイズしかないため、非常に発見しにくいです。しかし、30cmほども飛び跳ねる特徴があるので、大量のノミに寄生されている犬や猫はよく見るとわかることが多いです。

気温が13度以上になると繁殖を始めて活発になるため、暖かい季節ほどノミが付きやすくなります。しかし、冬でも安心はできません。ノミは温度が高い室内で活動を続けるため、1年を通してノミが寄生する可能性があると考えた方がよいでしょう。

犬に寄生するダニの特徴

犬に寄生するダニはマダニといい、クモの仲間です。体調は3~8mm程度しかありませんが、吸血すると10倍ほどに膨れて小豆くらいのサイズになります。マダニは非常に高い繁殖力があり、1ヶ月で3,000匹以上増えてしまうほどです。暖かい季節は育ったダニ、寒い季節は卵から孵化した幼ダニが活発になるため、ノミと同様に1年を通して犬に寄生する可能性があります。

犬のノミやダニの原因・ノミやダニが原因で起きる病気

ノミ・ダニはさまざまな経路で犬の体にたどりつき、室内飼いの犬にもいつの間にか寄生しています。

ノミ・ダニが寄生する原因

ノミ・ダニが犬の体に寄生する一番の原因は、犬の体がノミ・ダニにとって理想の環境だからです。温かくて身を隠せる毛が生えているうえに、栄養(血)が豊富な環境をノミ・ダニが好むのは当たり前です。ノミ・ダニは散歩中の草むらや茂み、ほかの犬や猫の体にいるだけでなく、家の中のカーペットやソファ、ベッドにも繁殖している場合があります。

ノミ・ダニが引き起こす病気

ノミ・ダニに寄生されてしまうと、刺されたことや分泌物によってアレルギーや痒みが発生します。小型犬や仔犬の場合は、貧血を起こしてしまうこともあります。

また、サナダムシに寄生されたノミを食べたことで、犬の体内でサナダムシが成長することもあります。ダニは犬バベジア症という命を脅かす感染症を引き起こし、人間にも被害が出る危険性もあります。

ノミ・ダニに寄生されたら、すぐに対処をしないと大切なペットが苦しみ、命を失う可能性まであります。港区在住で、愛犬の体にノミやダニを見つけた方や、痒みなどの症状が気になる場合は港区の湾岸動物医療センターへご相談ください。駆除・予防どちらにも対応しており、予約をするとスムーズに診察が可能です。

犬のノミ・ダニのおすすめの予防方法

入浴中のミニチュアダックスフンド

どこにでもいて接触を避けることが難しいノミ・ダニですが、予防方法はとても簡単です。動物病院の指示を受けて簡単な投薬をし、家でもスキンシップを兼ねたケアを行えば、ノミ・ダニを予防することができます。

おすすめは動物病院でもらえる予防薬

市販されているノミ・ダニの予防薬もありますが、動物病院で処方されるものは市販のものに比べて効果が高いです。チュアブルタイプのおやつ感覚で食べさせるものや、首の後ろに薬を垂らす種類があり、愛犬の性格に応じて嫌がらないものを選ぶとよいでしょう。首の後ろに薬を垂らして刷り込むタイプはとても手軽でおすすめです。

清潔な環境を作る

ノミ・ダニはほこりやフケ、食べかすなどが布製品に残っていると繁殖が早くなります。犬のベッドやクッションもこまめに掃除をし、太陽光にしっかりと当てて清潔に保つことがノミ・ダニの予防につながります。

ブラッシング・シャンプーをまめにする

ブラッシングやシャンプーで犬の体を清潔に保つことで、ノミ・ダニの繁殖を防止できます。ノミ・ダニがいるサインは糞や皮膚の炎症です。毎日ブラッシングをしていれば、そういったサインも見逃さずにすぐに発見できるでしょう。

愛犬のノミ・ダニの予防薬や治療をお考えの方は、港区の湾岸動物医療センターへお越しください。当日予約や直接のご来院でも診療を行います。

犬のノミ・ダニ治療は当日予約可能な港区の動物病院・湾岸動物医療センターへ

ノミ・ダニに寄生された犬は皮膚炎を起こすだけでなく、さまざまな感染症のリスクも抱えてしまいます。また、人間にまでノミ・ダニの被害が及ぶ可能性も出てくるため、繁殖しないように予防をすることが何よりも重要です。
動物病院のノミ・ダニ予防薬であれば、高い効果でノミ・ダニの予防と駆除ができ、安全性も高く信頼できます。

港区の動物病院・湾岸動物医療センターでは、ノミ・ダニの予防薬を処方しています。港区で愛犬のノミ・ダニ治療・予防ができる動物病院をお探しの方は、一度ご来院ください。

港区の動物病院でノミ・ダニ予防するなら湾岸動物医療センター

院名 港区湾岸動物医療センター(芝浦港南動物病院)
住所 〒108-0075 東京都港区港南4丁目2−6 シティタワー品川1F
TEL 03-5460-2010
診療対象動物 犬・猫・小動物(ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・その他の小動物)
診療時間 午前9:00~12:00 / 午後15:00~19:00
休診日
木曜日
休診日の木曜日は系列病院である芝浦海岸動物病院にて診察が可能ですのでご連絡下さい。
患者様ご来院エリア 港区 芝浦 港南 台場 高輪 品川区 北品川
アクセス 港区の芝浦港南エリアにあり、JR品川駅から徒歩10分です
URL https://www.wangan-amc.com/