HOME【港区芝浦の動物病院】犬や猫の避妊・去勢手術について 必要な方は予約・相談を
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 総合診療科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 がん腫瘍科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 整形外科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 脳神経外科・椎間板ヘルニア
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 消化器科・内視鏡検査
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 循環器科・心臓病科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 皮膚科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 歯科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 痛み外来
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 予防医療
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 健康診断
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 高度画像診断・CT/MRI
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 小動物診療科
  • 港区港南・品川エリアの動物病院 芝浦港南動物病院の画像 東洋医学・漢方治療
芝浦動物医療センター 芝浦海岸動物病院
新橋&浜松町動物医療センター 芝公園動物病院
目黒動物医療センター  目黒動物病院
品川動物医療センター  大崎動物病院

【港区芝浦の動物病院】犬や猫の避妊・去勢手術について 必要な方は予約・相談を

犬や猫のペットを家族に迎える世帯が増えていますが、飼育数に比例して病気やトラブルの発生率も増えています。中でも性ホルモンが関係する疾患や、発情が原因のトラブルは数が多く、飼い主の悩みの種になってしまうこともあります。

性ホルモン関連の疾患と発情によるトラブルを回避するためには、避妊・去勢手術の診療を行っている動物病院で治療を受けるのが効果的です。こちらでは、港区芝浦エリアで犬や猫の避妊・去勢手術をお考えの方のために、性ホルモンが関係する病気と手術のメリットについて解説していきます。

犬や猫の性ホルモンと関係する病気とは?

小型犬を抱える獣医

メスの性ホルモンはさまざまな病気と関係します。

乳腺腫瘍

乳腺付近にできるしこりで発見されることが多い腫瘍です。犬・猫どちらにも発生率が高い腫瘍のひとつで、猫の場合は9割、犬の場合は5割が悪性腫瘍(がん)で全身に転移していくといわれています。

子宮蓄膿症

出産経験がなく、避妊手術をしていない高齢のメスに多い疾患です。発情期で、防御力が低くなっている子宮に入った細菌が原因で膿が溜まり、放置すると死に至ってしまう恐ろしい疾患です。おりものが増える、陰部を執拗に気にする、元気がないといった初期症状があります。

卵巣・子宮腫瘍

名前のとおり卵巣や子宮に腫瘍ができる病です。いずれも女性ホルモンの分泌が関係して発生する疾患で、合併症として子宮蓄膿症や子宮水腫が出ることもあります。犬の場合は良性腫瘍やポリープであることが多いですが、悪性の可能性もゼロではありません。

これに対して、オスの性ホルモンに関係する疾患もあります。

前立腺肥大

去勢していないオスは高齢になるにつれて少しずつ前立腺が肥大していきます。肥大すると排尿や排便がしにくくなり、出血などのさまざまな障害が発生する病気です。

会陰ヘルニア

男性ホルモンが過剰に分泌され、直腸や膀胱が肛門周囲の皮下に飛び出てしまう疾患です。高齢になるほど発生する確率が高くなり、前立腺肥大と同様に排尿・排便に障害が出てきます。

肛門周囲腺腫

肛門の周囲にできる腫瘍で、手術での摘出が可能です。お尻の周りを気にしたり、地面に擦ったりする症状が現れるため、出血や化膿してしまうことがあります。

精巣腫瘍

名前の通り精巣にできる腫瘍で、去勢をすることで発症を防ぐことが可能な腫瘍です。放置しているとどんどん大きくなってしまうので、腫瘍ができた場合は早めに摘出を行います。

いずれの疾患も避妊・去勢手術をすることで発症リスクを減らすことができます。芝浦周辺や港区の動物病院で避妊・去勢を検討する場合は、湾岸動物医療センターへのご予約・ご相談がおすすめです。

芝浦の動物病院が教える 犬や猫の避妊・去勢手術のメリット

飼っている犬や猫を庭に出すことがある場合や、出入りが自由な環境で飼育をしていると、野良犬や野良猫との間に子供ができる危険性があります。妊娠を避けたい場合は、避妊手術が安全で効果的です。

問題行動を起こしにくくなる

発情期の猫の鳴き声やスプレー行動、犬の興奮やケンカなどは、すべて子孫を残そうとする本能によるものです。そのため、避妊・去勢手術によって性ホルモンの分泌を抑えるといずれの行動も軽減していきます。

発情によるストレスを軽減できる

発情中の犬や猫は大きなストレスを抱えた状態になり、イライラしたり攻撃的になったりして、まったく違う性格になってしまうこともあります。避妊・去勢手術を行えば発情がなくなるため、ストレスを抱える辛い精神状態を避けることができます。

病気のリスクが下がる

避妊・去勢手術を行うと性ホルモンの分泌が減るため、関連するさまざまな病のリスクが下がります。避妊手術では子宮と卵巣を、去勢手術では精巣を取り出すため、該当する部位の腫瘍発生率をゼロにすることも可能です。

芝浦や港区の動物病院で避妊・去勢手術を行いたい場合、不安に思うことやご不明点がございましたらご相談も承ります。湾岸動物医療センターへまずはご予約ください。

ペットの避妊・去勢手術を選ぶのは飼い主様

室内で猫を撫でている男女

避妊・去勢手術を行うと、繁殖ができなくなる、手術で負担をかける、太りやすくなるといったデメリットもあります。

しかし、太りやすくなるというデメリットは食事でコントロールができ、ペットの負担を軽減する環境が整った病院を選べば、手術の負担も大幅に少なくしてあげることが可能です。繁殖を望まない場合は、避妊・去勢手術を検討してみてください。

避妊・去勢手術は高齢になると体への負担や、先に病気が発症してしまうことから受けられなくなります。犬や猫の避妊・去勢手術をするかどうか、選択できるのは飼い主様だけです。大切な家族が元気で健やかな毎日を送ることができるよう、よく考えてあげましょう。

避妊・去勢手術に関するご予約・ご相談は港区の湾岸動物医療センターへ

犬や猫の避妊・去勢手術には、妊娠を防ぐだけでなく問題行動の防止や病気の発症率を下げるといった大きなメリットがあります。繁殖の予定がないのであれば、体力と回復力が十分にある2歳までを目途に動物病院で受けさせてあげましょう。

少しでも手術の負担を減らしたい場合は、港区芝浦エリアの動物病院、湾岸動物医療センターへご相談ください。「超音波手術システム SonoSurg(ソノサージ)」という体内に糸を残さない手術法で、ペットの負担が少ない避妊・去勢手術を行うことが可能です。当日予約にも対応していますので、芝浦周辺で動物病院をお探しの方は湾岸動物医療センターへお問い合わせください。

芝浦の動物病院で避妊・去勢手術をお考えなら湾岸動物医療センターへ

院名 港区湾岸動物医療センター(芝浦港南動物病院)
住所 〒108-0075 東京都港区港南4丁目2−6 シティタワー品川1F
TEL 03-5460-2010
診療対象動物 犬・猫・小動物(ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・その他の小動物)
診療時間 午前9:00~12:00 / 午後15:00~19:00
休診日
木曜日
休診日の木曜日は系列病院である芝浦海岸動物病院にて診察が可能ですのでご連絡下さい。
患者様ご来院エリア 港区 芝浦 港南 台場 高輪 品川区 北品川
アクセス 港区の芝浦港南エリアにあり、JR品川駅から徒歩10分です
URL https://www.wangan-amc.com/